飛騨産えごまオイルの特徴 Egoma Oil

霊峰御嶽山の麓

「飛騨産えごまオイル」は岐阜県下呂市小坂町、霊峰御嶽山の麓に位置した、山紫水明に恵まれた自然豊かな町で生産されています。飛騨地方で「あぶらえ」(通称:えごま)の名前で古くから栽培され、おはぎや五平餅に活用されている「あぶらえ」を、遊休農地の活用策として2016年から栽培し、圧搾法により搾油した食用油です。

えごまとは?

えごま(荏胡麻)

一年草のシソ科植物で、青シソ(大葉)とよく似た葉を持つ植物です。「ごま」とは全く異なります。韓国では葉を食す文化があり、えごまの葉のキムチ漬けが有名です。

エゴマの実

えごま種子

食用として今でも飛騨地方で五平餅のタレに使われるなど、伝統食として使用されています。

えごま油

歴史

えごまは縄文時代から栽培されていました。平安時代初期よりえごま油として使われるようになり、当時は灯明油に用いられていました。そこから、番傘・提灯・工芸品の塗装用などの用途で、江戸時代中期までの800年間盛んに使われていました。戦国時代に「美濃のマムシ」と呼ばれた斎藤道三が油売りで財をなして一国の城主となったという逸話がありますが、その油は「えごま」の油だったといわれています。

今では福島県、岩手県、岐阜県、宮城県などの一部に伝統食として残っており、東北では「じゅうねん」、飛騨では「あぶらえ」と呼ばれています。

食べ方(オイル編)

料理にそのままかけるだけ

えごま油の最大の特徴は、バターやなたね油・大豆油などと比較してもα-リノレン酸を豊富に含んでいることです。

えごま油の摂取量は1日小さじ一杯程度が適量といわれています。α-リノレン酸は熱に弱いため料理にかけるなど、そのまま体内に摂り入れることをお勧めします。

たまごかけごはん、お味噌汁、野菜サラダ、冷奴、納豆、和え物、魚の煮付け、パスタ、珈琲、ヨーグルトなどお試し頂けます。

食べ方(エゴマの実編)

五平餅

えごま五平餅レシピ

【材料】
ご飯/1合、えごまの実15g、砂糖大さじ2~3、醤油大さじ1~1.5、
みりん少々、酒少々

【作り方】

  1. ご飯をお米の形が残るくらいに潰す。
  2. 俵型にご飯を丸めて割りばしをさす。
  3. 網焼き(フライパン、オーブン、トースターどれでもOK)で❷を色がつくまで焼く。焼けたらお皿によけておく。
  4. えごまの実をフライパンで炒る。(フライパンを振っていてパチパチ音が鳴るまで)
  5. すり鉢に➍を入れてすり潰す。(粒がなくなるまで)
  6. 粒がなくなったらお湯を少し足し醤油、砂糖、みりん、酒を入れて混ぜる。
  7. ❸に➏を塗って完成(香ばしくさせたい場合はもう一回焼く)

飛騨えごまの成分的特徴

えごまから採れる油の最大の特徴は、油脂成分であるオメガ3系と呼ばれる必須脂肪酸α-リノレン酸を豊富に含んでいることです。含有量は採種油や大豆油に比べてずば抜けて多く、一般的なごま油のなんと100倍。効用は中性脂肪を低下させて血栓症などの生活習慣病を予防するばかりでなく、体脂肪になりにくく、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトビー性皮膚炎、気管支ぜん息を改善する効果もあると言われています。

そもそもオメガ3とは?

オメガ3系脂肪酸は、代表的な脂肪酸としてはα-リノレン酸があり、α-リノレン酸は、人の体内でつくることができない、必須脂肪酸のひとつです。α-リノレン酸は、体内に入ったあと、代謝されてEPA、DHAとなります。植物由来の油では、えごま油や亜麻仁油に多く含まれるほか、青魚含まれるEPA、DHAもオメガ3系列脂肪酸です。

α-リノレン酸って何?

この脂肪酸は、n-3系の多価飽和脂肪酸で、体内から合成することができないため、食品から摂取しなければならない必須脂肪酸です。体内に取り入れられるとEPA、DHAへと代謝されます。n-6系列の脂肪酸から作られるプロスタグランジン(ホルモンの一種)とn-3系列の脂肪酸から作られるプロスタグランジンは、体内の作用をお互いに制御し合う場合が多いとされており、アトピー性皮膚炎は、リノール酸の過剰摂取により発症する病状の一つですが、これらのアレルギー症状を解消する最も効果的な方法は、α-リノレン酸を摂取することです。

リノール酸などの脂肪酸を摂取する時は、必ずα-リノレン酸も一緒に摂取するのが望ましいと言えます。

α-リノレン酸にはがん細胞の増殖抑制、血圧の低下、血液の流れを良くするなどの作用があります。

EPAって何?

EPAはα-リノレン酸を体内で代謝されることでできます。EPAには血管を拡張する作用があることがわかっています。更に、血液がスムーズに流れるようにし、動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、高血圧といった成人病を予防します。

また、アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支ぜん息などのアレルギー症状の予防と治療、慢性関節炎などの炎症性疾患の病状にも効果があるとされています。過剰症としては、血管が凝固しにくくなり、出血が止まりにくくなることがありますのでほどほどに。

DHAって何?

DHAを摂ると、頭が良くなるということが頻繁に言われています。DHAは、α-リノレン酸を摂取することにより体内でEPAを経て合成されますが、脳や神経組織に非常に多く含まれており、脳や神経組織の発育や機能維持に重要な役割を果たしています。

また、コレステロールの悪玉を減らし、善玉を増やす作用があるほか、現代人の様々病状、病気を予防、改善する機能があります。このDHAが不足すると情報伝達がうまくいかなくなり、学習能力や記憶能力に影響を与えてしまいます。

現在では魚より肉を食べることが多くなってきているため、魚からのDHAやEPAの摂取が減ってきており健康のためには肉、魚、野菜をバランスよく摂取する必要があるでしょう。